Exhibition 展示会

HOME >> Exhibition > 2006 輝く兵馬俑の世界
江源個展画像  

2006 輝く兵馬桶の世界

中国・北京 中華世紀壇世界藝術館 2006年4月2日-2006年4月220日

1995年晩秋、私は故郷を後にし、日本留学に旅立ちました。当時の私は好奇心に溢れながらも、一抹の不安も抱え、自分が何をしたいのか、何を追い求めて いるのか、この絵画制作の世界で何を表現できるのか漠然とした気持ちと寂しさの中で、私は大量の図案を描き、そこで見た2200年の時空を超えた兵士俑の 静かに東方を睨視する眼差し、冷淡抑えようもない創作意欲が湧き上がるのを感じました。 その後、私は激情に任せて、大胆に顔料を用いる技法で兵馬俑を主題とした第一作品を描きあげたのでした。それは、馬も兵士も馬車の車輪も荘重な色合いの画 でした。

それから20年間、私はずっと執拗にこの主題を追いかけてきました。
拾も2200年前の古代芸術である兵馬俑に取り付かれたようで、兵馬俑の鮮やかな個性と強烈な時代性を持った特徴は最早言葉では表せませんでした。 この宏大な陣容を持つ兵馬俑と向き合う度に私は感動を覚えます。私は何度も兵馬俑を訪れ、そこで祖先と対話し、始皇帝と言葉を交わし、古代の名匠たちと語り合うのです。

私はこの度中国西安秦始皇帝兵馬俑博物館の特別の取り計らいにより2005年9月29日から五ヶ月、兵馬俑博物館で個展を開くこととなりました。 これは、格別の栄誉であり、私の人生でたとえようもない意義を持つものであります。

驪山山麓の小道を歩くとき、私の心は永遠に躍り続けるのです。

2006年4月
江源

  • 中国・西安 秦の始皇帝兵馬俑博物館
  • 中国・北京 中華世紀壇世界藝術館 輝く兵馬俑の世界
  • 日本・福岡 福岡三越 輝く兵馬俑の世界
  • 中国・西安 秦の始皇帝兵馬俑博物館 二千二百年の対話
  • 日本・東京 日本橋三越本店 二千二百年の対話
  • 中国・西安 秦の始皇帝兵馬俑博物館 神馬 <予告>

江源個展会場 an exhibition hall

江源個展会場写真01 江源個展会場写真02
江源個展会場写真03 江源個展会場写真04
江源個展会場写真05 江源個展会場写真06
江源個展会場写真07 江源個展会場写真08
江源個展会場写真09 江源個展会場写真10
江源個展会場写真11 江源個展会場写真12

メイキング

メイキング01 メイキング01 メイキング01 メイキング01 メイキング01 メイキング01 メイキング01 メイキング01 メイキング01 メイキング01 メイキング01 メイキング01

クリックすると拡大表示します。